会社・社員・社会を繋ぐ架け橋

株式会社シズデン総業
2012年入社 統括管理部 総務課 係長
T.Y

2012年に専門学校を卒業後、経理課に配属され5年間、数字と格闘する日々を過ごしました。その後は総務課へ異動となり、今ではシズデングループ内の勤怠管理・給与計算・社会保険・社内規則管理・採用活動・施設管理etc,,, 多くの活躍の機会を頂いており、会社と社員の労働契約や給与計算等で、社員と社会を社会保険等で、会社と社会を諸労働関連法で繋ぎ、それぞれの発展、活躍のために尽力しています。
また社内PCの設定やセキュリティソフトの管理なども行っており仕事の内容は多岐にわたります。

(株)シズデン総業の魅力を教えてください。

当社では上司へ意見を通しやすく、しっかりとした下調べや自信さえあれば話を聞いてくれることが多いです。そのため自分の思った通りに仕事を進めることができます。
また、残業が少なくプライベートの時間を多く確保することができます。終業後に遊びに行く時間もありますし、平日の習い事も十分可能です。

どんな時に仕事のやりがいを感じますか?

我々のようなバックオフィスは会社に対しても社員に対しても時には厳しいことを言わなくてはなりません。感謝されるどころか煙たい存在になることも少なくありません。しかし、そのような中でも自分が採用に携わった社員の活躍している姿を見ると、我が子の活躍を見ているようで嬉しく思います。独身ですが子を持つとこんな感じなのでしょうか?

仕事をするうえで大切にしていることを教えてください。

個人情報を取り扱う部署ですので、情報の管理には細心の注意を払っています。家庭の事情や個人的な心情が関わることも多くあります。そのような場合にも細やかな配慮が求められます。また、各種法律が絡むことが多くありますので、自分の持っている知識を常にアップデートさせられるよう日々勉強をしています。

Message

近年では産休育休等取得する方が多く、理解のある上司や同僚の協力もあって全ての社員が問題なく職場復帰しています。
男性の育休については、取得した実績がなく、そもそも希望する社員が出てきたことがないので、今後の課題です。有給休暇についても理解のある人が多く、積極的に取得する人がたくさんいます。文字だけで説明すると良いことばかりかもしれませんが、人によって感じ方はそれぞれ違います。
採用に携わる身としては、入社後に「こんなはずではなかった」というギャップが大変怖いです。ですので、選考に進む前にたくさんお話をしましょう。